カスタムといえば・・・

0
    カスタムバイクブーム。
    三京ブームってありましたね。

    バブルはじけたころでした。

    三京ブームってのは、第三京浜の保土ヶ谷に土曜の夜に集まるのね。

    改造したニンジャや刀、ジスペケ1100とかで、第三京浜で安くなったハイオクを燃やしてた人たちがいて。
    で、カスタムしたバイクを保土ヶ谷に止めて見せびらかして。
    目ぼしいバイク囲んで、缶コーヒー片手に語っちゃったりするんですよ。
    ZやCBがもてはやされてね。

    本気で最高速って言うとZZ-Rとかかね。
    ブラックバードはチョイ後か。

    このブーム。
    たぶん、車検のたびにマフラー交換しなくていいようになったからだと思う。
    規制緩和ね。
    あれは外圧による規制緩和で、アメリカがパーツを売るために捻じ込んだものに対応したんだったかな。
    お上はね、弱い者の話は聞かないけど、強い者の話はすぐに聞くからね。

    流用改造なんてのもこの頃の流行りだね。
    下手なカスタムパーツより信頼性が高いとか、そんなこと雑誌は書き散らしてたけど。
    CB-FにBIG-1の足回りとか、ZにXJRとか。
    カタナに油冷エンジンとか、ニンジャにZX10エンジンとか。

    RZも91〜92年くらいから初期型の人気が出始めました。
    それまではジャンク扱いですよ。一ケタ万円で買えたのが、あれよあれよと値上がり。
    RZのために後方排気がどれだけドナーとなって捨てられたか。

    Z、CB、750SSとか500SS、70〜80年代のバイクがもてはやされました。
    ZとかCBだって一時はゴミ扱いですよ。
    CB-Fなんかも一ケタ万円のボロが出てました。

    そういや、カタナは再販前は200マンとか値段付いてたねぇ。
    1100とか、逆輸入しかなかったから。
    で、カタナが再版され、1100も国内仕様が出て。
    Zepも750から1100.

    いつかは乗りたいと思っていたな。カタナは。
    でも250とか400が出て、どうでもよくなっちゃったかも。

    カスタムも三京仕様ってのがあった。
    時代はめぐる…じゃないけど、セパハンからアップに変えて、オフ車譲りのハンドルブレース。そのうちオン用の短めのブレースも売られるようになったね。


    んで、その前は埠頭で膝すったり、ダルミでコケて麓の病院運ばれたり。
    いわゆる走り屋全盛で。

    ショウマルのコーナーがことごとくレコード盤にされたのも走り屋ブームのせいでしょ。
    荒川水門とかランド坂とか大黒とか、ツナギ着て集まってましたねぇ。
    ランド坂なんか、あんなワンコーナーで大勢集まってなぁ。

    80年代後半から90年代前半の走り屋って言うと・・・。
    メットにシャアザクのツノとキツネのしっぽ。
    ツナギの上には揃いのトレーナー。RTナンタラ オリジナルステッカー。
    RTはレーシングチームの略ね。

    「零振愚」「麗震愚」とか、ゾクの文化もなんとなく交じっていた。

    バイクにゼッケン付けてね。
    01がリーダーだったりエース格だったり。
    ヒザスッてる写真撮って「RTホニャララ ゼロワン 折葉 葉可男」ってバリマシに投稿するのね。
    二代目RTナンチャラ・・・みたいな、代がわりしてみたりね。
    この辺もゾク文化なんだろうなぁ。

    ローリング族、暴走族、あとはゼロヨンか。

    あとはゼロヨンは集まっちゃ潰されして・・・青山ゼロヨン、埠頭も定番。
    多摩だと府中の30メーター、南大沢もやってたね。私が知ってるのは南大沢くらい。
    あんなところに、ウィリーバーつけたZZ-Rとか来てたのよ。

    でも、ゼロヨンと言うとやはり四輪かなぁ。
    R32 GT-R VS S30Z とか。
    LでRBと戦う・・・的な。

    バイクの話しに戻すとゼロヨンマンって人が居ました。
    パドックO&Mの大下さん。
    いまはアメリカにおられるとか。
    RZ改でゼロヨン11秒台。

    すごいですよねぇ。

    ゼロヨンってほどじゃないけど、信号で競争すんのはバイク乗りの習性。
    シグナルグランプリってやつですね。

    ああ、よくやったな、昔は。
    いまでも覚えているのはRZ50対決。

    1HK VS 5R2

    引かないよ。どっちも引かない。
    17歳の頃だよ。
    R20。谷保あたり。

    そうそう、シグナルグランプリって言えばオフ車が結構強くって。
    ギヤ比の関係だったりトルクだったり。
    で、瞬発力って言う意味じゃ2ストの独壇場ですよ。
    バランスのDT200。
    ライムカラーのKDX。
    はすぅら〜でびゅ〜・・・じゃなくてスズキのTS250ハスラー。
    で、ホンダはCRM250。

    このCRMなんですが、50/80と250がありましてね。
    50や80はNチビと同じ系統のエンジンでした。
    で、250はCRの公道版。

    そのCRM250って言えば・・・・(長いので省略)





    應盛 英盛 総盛 まさもり ひでもり ふさもり
    大国魂神社-くらやみ祭り-祭り好きの隠れ家

    スポンサードリンク

    コメント
    待ってました!!CRM250!!
    規制前の初期型はカラーリングは地味でしたが、名機でした。180センチのボクでも、足が届きませんでしたが、、、信号待ちがきつかった。
    • あみ
    • 2014/07/19 9:04 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    スポンサードリンク

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM